(1)登記原因は「錯誤」になります。日付の記載は不要です。

(注2)更正後の事項として、住民票に記載されている正しい住所を記載します。

(注3)申請人の単独申請です。氏名の末尾に押印します。(認印でかまいません)

(注4)登記原因証明情報として、正しい住所を証する書面である住民票の写し、及び登記された氏名の者がその住所に居住したことがないことを証する市町村長の不在住証明書を添付します。

(注5)不動産1個につき1,000円です。

↑ PAGE TOP