※ハードディスク全部のバックアップ、又はパーティションごとのバックアップをとることができる、無料なのに高性能なソフト「Paragon Backup & Recovery 2014 Free」です。
※システムが不調になり、最悪の場合はOSが起動しなくなることになる事もあり得ます。そんな場合に備えて前もってシステムイメージを作成しておくことにより、USB又はCDブートによってOSをシステムイメージ作成時に遡ってリカバリできるソフトです。
通常のOSの再インストールであれば、今まで使っていたアプリケーションのインストールやメールの設定等を最初からやり直さなければなりませんが、システムイメージ作成時に遡ってリカバリーすればそんな必要は一切ありません。超便利なフリーソフトです。
但し、システムにエラーのない状態でのシステムイメージ作成が必須です。 
※Windows標準のシステムイメージからのシステム修復よりも以下のメリットがあります。
1.イメージの作成時間、及びイメージからの復元時間が、ともに格段にこちらの方が速いです。
2.Windowsのシステムイメージからのシステム修復はDVDブートで復元するときに「イメージがありません」というときが希にありますが(そのときは残念ながら再インストールという過程になると思います)「Paragon Backup & Recovery 2014 Free」はそういうことがありません。
3.Windowsのシステムイメージからのシステム修復は、上書き処理により最新のイメージしか保存できませんが、「Paragon Backup & Recovery 2014 Free」は、日時別に複数個のイメージを作成することができます。
4.保存するときの容量が圧縮されているので、ハードディスクを圧迫しません。
自分の場合は、C:が85.4GBのパーティションをイメージ化すると35.9GBに圧縮されています。
※所要時間のテスト結果です。OS (Windows7) 85.4GBのイメージ作成と復元結果です。
  内蔵HDDにイメージを作成 : 21分
  内蔵HDDからイメージの復元 : 17分
  外付USBのHDDにイメージを作成 : 46分
  外付USBのHDDからイメージの復元 : 30分 
■対応OS
 Windows 8.1
 Windows 8
 Windows 7
 Windows Vista
 Windows XP
 Windows 2000 
Paragon Backup & Recovery 2014 Free (64bit) 無料ダウンロード
 Paragon Backup & Recovery 2014 Free (32bit) 無料ダウンロード
Paragon Backup & Recovery 2014 Freeの使い方
システムイメージの作成編
 
起動画面で「Backup to Virtual Disk」を選択します。
こんな画面になりますから「Next」をクリックします。
システムのバックアップを作成するパーティションを選択します。
をクリックして保存先を変更します。
OSをインストールしてあるドライブの故障に備えてのバックアップの意味を考慮して、保存元のドライブと違うドライブを選択した方が良いと思います。

保存先を外付ハードディスクに設定しました。
システムイメージの作成中です。
システムイメージの完成です。
システムイメージの復元

↑ PAGE TOP