※消しても消しても出てくる料金請求画面。
悪意のあるウェブサイトでリンクをクリックすると消せないメッセージが表示される「ワンクリックウェア」を駆除できるソフトです。
※自動検出されたものの中から駆除対象を選択することができます。
■対応OS
 Windows 8
 Windows 7
 Windows Vista
 Windows XP
ワンクリックウェア駆除ツール 無料ダウンロード
ワンクリックウェア駆除ツールの使い方
インストール画面です。
カスタムインストールを選択します。
YahooツールバーやBaidu IMEが不要な方は、チェックを外して「次へ」をクリックします。
もう一度Baidu IMEのインストールのチェックを外します。
無料のアダルトサイトを見ていたら、こんな画面がでたことはありませんか?いわゆる「ワンクリックウェア」です。
無料っていうところをクリックしていって数万円の請求です。勿論、詐欺ですので料金を支払う必要はありませんが、消しても消しても数分に1度、この画面が出ます。ウザイですよね~~。
パソコンを再起動しても、プログラムに組み込まれているので消すことは出来ません。

以前は「スタートボタン」の検索で「msconfig」と入力して、システム構成のスタートアップから削除し、タスクスケジューラから削除し、レジストリからも削除すれば何とかなる、って感じでしたが、ワンクリックウェア開発も進んだようで、システム構成のスタートアップからワンクリックウェアを発見できませんでした。
そこで登場するのが「ワンクリックウェア駆除ツール」です。
起動するとこの画面になります。

見事にワンクリックウェアを発見してくれました。
「駆除実行」で駆除できますが、間違って消されては困る物が「駆除対象」として表示された場合は、その項目をクリックして「駆除対象外」に切り替えます。(赤の×が黄色の!に変わります)

ワンクリックウェア駆除ツール」の表示どおりに辿るとC:\Programudata\suns4の中にワンクリックウェアがありました。
駆除実行で駆除完了です。
ワンクリックウェア駆除ツール」助かった方で、お金に余裕のある方は寄付をしてあげてください。モチロン任意です。
スパイウェアの入っていたC:\Programudata\suns4というフォルダは消えていました。
こちらは、消しても消しても10秒に1度出てくる悪質なワンクリックウェアです。10秒に1度出てくると、さすがに気分が悪いです。
こちらは先ほどのワンクリックウェアと違い、カレントユーザーだけでなく、タスクスケジューラにも入っていました。
これも見事に駆除してくれました、ありがとうございました。

↑ PAGE TOP