※多機能で軽快な動作のメディアプレイヤーです。
※本体に内蔵のコーデックだけでも再生可能ですが、 内蔵コーデックを無効にして、ffdshow等の外部コーデックを使用することもできます。
■対応OS
 Windows 8.1
 Windows 8
 Windows 7
 Windows Vista
 Windows XP SP3
Media Player Classic Home Cinema 無料ダウンロード
Media Player Classic Home Cinemaの使い方
本家サイトの赤で囲んだところをクリックしてダウンロードします。
32bitと64bitがありますのでご注意ください。

MPC-HCを起動して「表示」「オプション」で基本設定をします。
再生をするための関連付けです。チェックを入れようとすると、管理者権限云々と出ますので「変更」をクリックしてOKをクリックします。
チェックを入れておくと、以後、チェックを入れた拡張子の再生はMPC-HCで再生されます。
DVD/OGMの優先言語設定です。「メニュー」「音声」「字幕」の全てで「Japanese」を選択しておきます。
字幕再生対応設定です。PCに余裕があまりないのであれば、VMR 7(レンダーレス)を、余裕があればVMR 9(レンダーレス)を選択すれば良いと思います。
内部フィルタの設定です。とりあえずは全てにチェックを入れておいて、外部フィルタを使うときにはチェックを外します。

↑ PAGE TOP