※MP3の音量が一定でなくて(ある曲は大音量で、ある曲はボリュームを上げないと聴き取りにくい)聴きにくいことはありませんか?
※特にダウンロードした曲は音量が不揃いなことが多く聴きにくいと思いませんか?そんなときに役立つのがこのソフトMP3Gainです。
※アルバム単位又はトラック単位で調整することができます。
■対応OS
 Windows 7
 Windows Vista
 Windows XP
 Windows 2000
MP3Gain 無料ダウンロード
MP3Gainの使い方
本家サイトの赤で囲んだ所をクリックしてダウンロードします。
言語選択画面で「Japanese」にチェックを入れて「Next」をクリックします。
MP3Gainの起動はスタートボタンからです。
起動直後は英語表示になっていますので「Language」「Japanese」を選択して日本語表示にします。
クリッピング(音割れ・音声の歪み)が起きない値と、現在の設定値との差を表示する『無クリップ最大ゲイン』を表示させるための設定です。
「オプション」「詳細」をクリックします。

「最大化機能を有効にする」にチェックを入れて「OK」をクリックします。
これで『無クリップ最大ゲイン』の表示が有効になりました。

音量調整したいファイルをドラッグ&ドロップするか、「ファイルの追加」でファイルを指定します。
次に「トラック分析」をクリックしてファイルの現状を調べます。

ファイルを開いた直後の状態です。左から2列目のクリッピングで赤表示のYesと出ています。これは既に音割れ・歪みが生じていることを表します。
無クリップ最大ゲインは
-1.5と表示されています。これは現在の設定より「1.5dB下げなさい」という意味です。逆に例えば+2であれば、現在の設定より2dB上げても大丈夫という意味です。
Defaultの設定が89dBです。徐々にクリッピングしないレベルまで上げてみます。96dBまで上げたところでクリップ(トラック)に赤字のYesが出ました。
ですので、96dB以下にしないとクリッピング(音割れ)するという意味です。

95.9dBですとYesは表示されません。この設定でのトラックゲイン(クリッピングのすぐ右の表示)は、上のファイルから順にから-4.5、-4.5、-1.5、-3.0・・・となっています。これは95.9dBに修正すると、「最初の状態よりそれぞれ-4.5dB、-4.5dB、-1.5dB下がります」ということです。
音量は揃わなくてもいいから、各曲を音割れしない最大値に上げたいときには、分析後に「ゲインの変更」→「各ファイルへ最大無クリップ分析の適用」をすればOKです。
上記の処理で「無クリップ最大ゲイン」の数値が0.0になりました。
次に「トラックゲイン」をクリックします。
トラックゲインの右横の▼をクリックすると、「アルバムゲイン」「一定値ゲイン」というのがあります。
☆アルバムゲイン
大音量の曲は大音量に、静かな曲は静かにという前提の元に各ファイルの音量差を維持しながら調整します。
☆トラックゲイン
各曲の元の強弱は関係なしに全てのファイルの音量を同程度に揃えて調整します。
☆一定値ゲイン
1.5dB刻みに調整します。

一番左の「音量」が大体ですが、95dB前後になりました。
変更を元に戻したいときは、戻したい曲だけを反転(青色の背景)させて、そのファイルの上で右クリックして、「Undo Gain changes」をクリックすればOKです。

↑ PAGE TOP