パソコンを新規購入したときや、Windowsを再インストールしたときにはメールの設定が必須となります。
このページではWindowsに付属のWindows Live Mailの設定を初心者の方にわかりやすく解説します。
Windows7にはDefaultではメールソフトが入っていません。
(メーカー製のパソコンには入っているものもあります)
そこでマイクロソフトのWindows Essentialsの公式ページから無料でダウンロードすることになります。
Windows Live Mailのダウンロードから初期設定
マイクロソフトにアクセスして赤で囲んだ「今すぐダウンロード」からダウンロードします。
とりあえずメーリングソフトだけのインストールなので「インストールする製品の選択」をクリックします。
必要なものがなければ赤で囲んだ枠のチェックを外して「インストール」をクリックします。
「承諾」をクリックします。
インストールの完了後、再起動してからメールアカウントの設定をします。
左上の▼をクリックして「オプション」「電子メールアカウント」「追加」と進みます。

「電子メールアカウント」を選択して「次へ」をクリックします。
ご加入のプロバイダから送られてきた資料のとおりに、大文字・小文字に注意して「電子メールアドレス」「パスワード」を入力します。
表示名はメールを送ったときに誰から来たかわかるように、相手に表示される名前です。漢字でもローマ字でもOKです。
このアカウントをメインに使うのであれば「既定にする」にチェックを入れます。

同じくプロバイダからの資料を見て、サーバーのアドレスを入力します。
受信サーバーはpopから始まるローマ字、送信サーバーはsmtpから始まるローマ字です。ポートも記載されていますので記載とおりに入力します。
多くのプロバイダは、その下の「認証が必要」にチェックを入れます。

設定は以上です。

↑ PAGE TOP