Windows Live Mailの保存先の変更方法です。
Windows Live Mailの保存先はDefaultでは「C:\User\owner\AppData\Local\Microsoft\WindowsLive Mail」になっています。
C:\というのは通常はWindowsをインストールしてあるドライブですから、Windowsの不調により起動しなくなった場合、メールも消えてしまいます。
そこで、メールの保存場所をWindowsをインストールしてあるドライブ以外のドライブにしておけば、Windowsが起動しなくなってもメールだけは助かります。
簡単ですので、是非変えておくことをお薦めします。
Windows Live Mailの保存先の変更のしかた
Windows Live Mailを起動して、左上の▼をクリックします。「オプション」「メール」の順にクリックします。
「詳細」タブの「メンテナンス」をクリックします。
「保存フォルダー」をクリックして「変更」をクリックします。
保存先を聞いてきますのでCドライブ以外に保存先のフォルダーを決めて、「OK」をクリックします。
変更完了です。Windows Live Mailの再起動で変更が有効になります。
以下蛇足です。
Windows Live MailがDefaultで入っているフォルダーは、「C:\User\owner\AppData\Local\Microsoft\Windows Live Mail」ですが、通常では「AppData」は見えないと思います。
フォルダオプションの「表示」「詳細設定」で「隠しファイル、隠しフォルダーを表示する」に変更することにより見えるようになります。

フォルダオプションは、コントロールパネルの中にあります。
又は、フォルダを開いた状態でキーボードの「Alt」キーを押すと上部に「ツール」が出ますのでそこをクリックするとフォルダオプションがあります。

隠しファイルを表示させたり、拡張子を表示させたり、使うことも多いので覚えておいた方がいいと思います。
「AppData」が見えるようになりました。

↑ PAGE TOP